財団法人北澤育英会

ホーム
設立者の言葉
育英会所在地
奨学生募集要項
沿革
情報公開
お知らせ
お問い合わせ
公益財団法人北澤育英会
東京都新宿区下宮比町2-28
飯田橋ハイタウン335
TEL03-5227-2841
FAX03-5227-2844 

沿革
理事長より

当財団は、内閣総理大臣より公益財団法人の認定を受け、2011年(平成23年)4月1日付けを持って新たに「公益財団法人 北澤育英会」として出発致しました。これも、多くの関係者の皆様の日頃のご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。

当財団は、1974年(昭和49年)に世界有数の総合バルブメーカー北澤バルブ(現、株式会社キッツ)の創業者である故北澤利男氏が私費を投じて設立した奨学の為の育英事業です。優秀な素養と勉学の志を持ちながら、単に経済的な理由により修業の機会を逸する学生を少しでも支援することにより、日本の将来を担う有用な人材の育成に寄与することをその目的としたものです。所得格差の拡大がそのまま学歴の格差に反映すると言われている昨今、その意義は一段と高まっていると認識し使命の重要性を改めて痛感しているところで有ります。奨学生の皆様の夢の実現に少しでもお役立ていただけることを念願しております。

公益財団法人北澤育英会
理事長 清水雄輔

設立の趣旨
公益財団法人北澤育英会は、1974年世界有数の総合バルブメーカー北澤バルブ(現、(株)キッツ)の創業者である故北澤利男氏が私費を投じて設立した奨学のための育英事業です。
優秀な素養と勉学の志を持ちながら、単に経済的な理由により修業の機会を逸する学生を少しでも支援することにより、日本の将来を担う有用な人材の育成に寄与することをその目的としたものです。
沿革
昭和49年9月1日 (株)キッツの創立者である故北澤利男氏が私費を投じて設立。
事務所を東京都港区南青山に置く。
初代理事長に北澤利男氏就任。
昭和50年4月 第一期奨学生を採用、奨学金の給付を開始。
平成9年3月3日 理事長北澤利男氏没。
平成9年3月28日 理事長に平島昭氏就任。
平成10年10月10日 港区南青山から新宿下宮比町に事務所移転。
平成19年7月16日 理事長に清水雄輔氏就任。
平成26年8月31日 設立40周年を迎える。
奨学生総数517名。
Copyright© Kitazawa Prefecture. All rights reserved.